高血圧の正しい治療方法

降圧剤に頼っていては、高血圧は治らない!

高血圧の常識に囚われてはいませんか?

メタボリックシンドロームの意識の高まりと共に、
生活習慣病は恐ろしい病気であることが分かって来ました。

さらに、その中でも高血圧というのは「サイレント・キラー」と呼ばれて
非常に恐ろしいものであるということは認知されつつあります。

知らない間に体を蝕んで、ある日突然破綻を迎えてしまう恐ろしい病。
それが、高血圧であるということなのです。

血管をボロボロにして、尚且つ内側から圧力をかけて、血管が破れてしまうことを誘発してしまう。

はっきり言って、血圧が高い血管に圧力をかけるということが、
すなわち死を迎える病気だということはあまり認識されてないのかもしれません。

でも、恐ろしい病であることは知られています。
だから、高血圧を気にするあなたは、病院へ行ったのでしょう。

そして、こう言われたのではないでしょうか?「降圧剤を出しましょうか?」

はっきり言って、この時に降圧剤を処方されて、飲んでしまったら、
一生降圧剤と付き合っていかなくてはなりません。

しかも、降圧剤というのは血圧を根本的に治すわけではないのですから。
しかも、その降圧剤の恐ろしい副作用に怯えて暮らして行かなくてはならないのです。

では、どうしたらいいのでしょう。はっきり言って、
降圧剤に頼らずに血圧をさげることはできます。

いや、降圧剤などそもそも高血圧治療に必要ないのです。
なぜならば、高血圧のメカニズムを正しく理解さえすれば血圧というものは必ず下がるものなのです。

では、これからそのメカニズムをお話しましょう。

高血圧というものは、かつて人類が野生で暮らしていた時代は必要なものでした。
敵の襲来に備えて筋肉にたくさん血液を集め、攻撃を受けた時に備えて末端の血流を少なくする。

そして、それを司っているのが自律神経の内の緊張の交感神経なのです。

はっきり言って、コレさえ理解してしまえば、
血圧の改善メカニズムなどは簡単なことだと言わざるを得ません。

全てはその交感神経に紐付けされているからです。
そして、現代ではその交感神経を興奮させるものはストレスと言われているのです。

降圧剤に頼らずに高血圧を治して、人生を楽しもう!

正直なところ、血圧が高くたって長生きをして、
尚且つ人生を楽しんでいる人は大勢います。

その人達は自分の血圧がいつ上がって、
どんな食べ物でさがって、どうしたらリラックスできるのかを知っている人たちです。

つまり、血圧コントロールが上手にできているという人たちなのです。

一方で降圧剤というのは、あらぬストレスを体にかけて
血圧をさげる方向に無理矢理シフトしようとするもの。

はっきり言って、これは無理矢理血圧を下げようとするもので、自然な状況ではありません。

自然な状況なのは、上記のような血圧コントロールができる状態のこと。
つまり、ストレス無く自分の高血圧と向き合っている状態です。

世の中には、自然に血圧をさげる方法などやまほどあります。
それを知ることで、ストレスを軽減できるなら是非知るべきなのです。

それを知っているということ自体が心のストレスの軽減になるのですから。

それを知り実践すること自体が、副交感神経を活性化させて
心の安定をもたらし、リラックスさせるのです。

ぜひ、血圧を上手にコントロールする術を学んで下さい。
あなたにあったコントロール術がきっと見つかります。

そして、人生をエンジョイしようじゃありませんか。
高血圧くらいで人生を狂わされるのは意味のないことなのですから。

あなたにもきっとできるはずなのです。